航空自衛隊入間基地50周年 
2008年11月3日(月)文化の日

入間航空祭



入間基地ホームページ




はじめて訪れた入間基地、
毎年11月3日に開催されているらしく、
今回、月曜日とゆう事もあり、
機会到来とゆうことで、
行って来ました入間航空祭!
凄い人出と聞いておりましたが、
まさにこれほど凄いなんて想像もせず、
非常に驚き、
これほど人を惹き付けるものとは、いったい?・・・
現地に到着した頃には、祭りも始まっており、
空を見上げれば、そこに飛行機が良く見える高度で飛んでおり、
期待と興奮は増すばかりとなり、
歩行速度も加速する・・・


 

基地周辺には、多くの屋台が出ており、
まさにお祭り!
どえりぁ〜人気ぶりに、
ディズニランド級だな自衛隊は・・・


  

会場を見張る自衛官の精彩な表情は凛々しいものであり、
流石に日本国を守る姿が頼もしく見えた・・・
こんなに近くで飛行機を見る機会は、
なかなかないだけに、
やはり来て良かったな〜と喜びを隠せないのは、
この会場にいる人皆がそんな感じ!




この機体はF15
一機数百億円もする戦闘機が、
手の届く距離で見られるとは思いもしなかったのですが、
戦闘機は、もう少し小さいものであると想像しておりましたが、
案外でかいんだな〜と・・・
これが音速を超えて飛ぶのだから凄い!
後部座席でいいから乗ってみたいものです。


  

飛行機もさることながら
人間の数の多さに、
ディズニーランドにでも来たかと錯覚するほど、
あたり一面人ばかりで、
大変なのはトイレ!
トイレは大行列となり、
用を済ませるまで約一時間余、
これだけが唯一の欠点でした。




人で埋め尽くされて肝心な飛行機が見えにくいうえに、
当日は曇り空であったことが非常に残念・・・




真っ青な空を駆け抜ける飛行機を見たかったが、
こればかりはどうにもならず・・・
しかし迫力は十分に伝わり、
雨さえ降らなければと気になっておりましたが、
何とか降らずに最後飾るブルーインパルスの編隊飛行を見て、
日頃の彼らの訓練がいかに凄いか感じさせてくれた
素晴らしい飛行に拍手喝采でした!


  

ブルーインパルスの事は、
かなり以前から知っていたが、
実際に自分の目で見たときの高揚感は、
見た人でなければわからない感動があり、
見たことがなか時にも、凄いとゆうのは聞いておりましたが、
やはり百聞は一見にしかずです!




一糸乱れない編隊飛行は多くの観客を虜にし、
子供達の大手を振って喜ぶ姿があちこちで見受けられ、
もちろん子供だけでなく、
年齢の垣根なく喜ぶ姿は皆同じ様子!
国防とは、ちょうどこの頃、
原油価格が1バレル147ドルと燃料費が高騰し、
自衛隊もエネルギーコストを節約せねばならぬ状況、
また燃料の無駄使いは止めろ!
そんな声もあったそうですが、
自衛隊への理解を深めるためにも、このような一般参加が許される、
彼らの訓練の成果を披露できる舞台は大切な事なんだなと・・・・理解。


  

多くの自衛隊の軍備品の展示を見ると、
当然ながら力強さを感じますが、
改めて思うのは、
戦闘機にしても、維持費が莫大で、
なかなか新型への転換が難しいのだなと、
一機数百億円もする機体は、
そう何機も購入できるわけもなく、
装備は新型へと変更してるとはいえ、
いまだにF4ファントムが飛んでいるとは正直驚きであり、
F15でさえ、もう十年以上前の機体で、
やはり軍備を整え、維持していくのは大変な事だと・・・




帰り道の光景ですが、
会場には23万人ほどの人が訪れたようですが、
23万人がこの場所に一度に集まるのですから、
それは異常な事、
良くもまぁ〜こんなに来るものだと、
見たことのない人は感じるかもしれませんが、
一度見た人は理解できると思いますが、
機会があれば是非お薦めしたい場所です!




華麗に空を切る飛行機の見事な機動力に魅了された一日。
ここ入間基地も良いですが、
百里基地でのF15、戦闘機の迫力は更に凄いものであり、
そちらの軍事演習も見てみたいものです!
入間基地の皆様、
ほんと一日ご苦労様です!
これからも日本国防衛の任、宜しくお願いいたします。









電動ガン・エアガンのカスタムならファースト

割烹魚勇

我が家の絵日記見聞録