2008年1月2日
東武動物公園の巻き




また新しい年を迎え、
今年はどんな年になるのか?
そう思いつつ始まった2008年!
光陰矢の如し
、一年が過ぎ去るのも、そう長い時間でなく
気がつけば再び新しい年が否応なしに訪れる・・・・
人生の生きる目的は?
ただ日々を生き抜くために生きる。
誰しもが何かしらの夢と希望を持って生きている中で、
少なからずの苦難を乗り越えるために多くの葛藤を抱えて生きている。
明日に進む途中でほんのいっとき、
穏やかな時間に身をゆだね、荒れた心を元に戻す・・・
そしてまた日々の闘いとの繰り返しのなか、
様々な思いを重ねゆく・・・・・
あ〜生きていて良かったと思える日が真実になる事を信じて・・・・


明けましておめでとうございます!
入り口の謹賀新年の文字が、あらためて新年を迎えたんだな〜と実感。
今年もいいことありますよ〜に!とゲートをくぐり抜けて、
一日の〜んびりとした時間を楽しむ・・・
はぁ〜この時を迎える事ができた事に感謝!

    

まさに子連れにはうってつけの場所!
ハイブリッドレジャーランド東武動物公園!
乗り物あり動物園あり、
特別込んでいるわけでもなく、
適度に人がいて寂しくもなく、ちょうどよい混み具合が良いね〜
そして天気は最高だし、
2008年幸先良いぞ!



一歩動物園に入れば、
数々の動物の姿が目に止まり、
子供達は退屈することなく、
そこらじゅう駈けづり回る・・・力尽きるまで?
ここはサルの生態が観察できて、
なるほど〜組織のボスはあいつで、
あっちがナンバー2か!?
何となく距離感があり、おもしろいな・・・・



縄につながれた一匹のお猿さん!
名前は忘れたが、
短いロープの上を行ったりきたり、
あきないのかな〜と思うくらい行き来している不思議な光景!
やはりこのサルは海賊の肩の上が似合うかな!?


動物園の隠れたスター
王様ペンギンだったかな?

ペンギン類の中では、コウテイペンギンに次いで2番目に体が大きく、
コウテイペンギン同様に1卵を産卵し、抱卵は足の上に卵を乗せ腹部の皮(抱卵嚢)を被せて行なう。
繁殖地は南大西洋とインド洋の、南緯45度から55度にかけて位置する亜南極の島に点在します。
だそうです!



サルが群れを成して生きる姿は、
さすが人類の祖先!
人は一人ではいきてゆけない!
猿もしかり!



のんびり過ごすお猿さんのように、
人間ものんびり生きれる世の中になればと思う反面、
先の事を考えると、のんびり日々を過ごす事が不安になってしまう貧乏性な性格ですが、
もう少し気持ちの切り替えが上手く出来ると良いと思うのですが、
これがなかなか難しい〜
一生懸命やりすぎると、その反動で何も手がつかなくなり、
だらだらとした毎日になってしまう傾向があり・・・
ウサギとカメのお話のように、
早く走って途中で休むより、
一日一歩づつ前進するほうが早くゴールにたどり着くのだなと、
歳を重ねた今では、確かにそのように思えるようになったが、
若い頃は、所詮カメはカメ!ウサギには勝てんのだよ!
そう思っていたが、今になり、日々の小さなことの積み重ね、
まさに、ちりも積もれば山となる!
そんな事を思う今日この頃かな・・・・・



今日も大地を照らす陽の光に感謝!
太陽の輝きはすべての生き物に恵みを与え、
私のどんよりとした心にも力を与えてくれる・・・・



子供達は動物に大変興味をしめし、
近づいては、手を伸ばし触ろうとするが、
せっかく気持ちよく寝ているのだからそっとしておいてと諭す親の姿が・・・
そんな一場面に遭遇!
流石だな〜と感心。
でもでもでも!そんなの関係ない〜♪そんなの関係ない〜と♪
と!振り付けつきでやっていたあの子供にも感服した。大きく笑いを取っていた・・・・



東武動物公園の敷地は広くて、
人は沢山いるのだが、特に混んでいるようにも感じることなく、
のんびりと過ごす事ができたので、
来て見て正解!



ちびっ子達が駆けずりまわっていても、
見通しが利くので、
安心して遊ばせておけるので、
小さいお子さん連れのご家族には良い場所ですね!
お弁当を持って、園内でピクニック気分の家族も沢山いらしていたので、
そうゆうのもいいなと・・・・・



こうして2008年のお正月もなかなか良い気分で過ごせたとゆう記憶がのこせたかなと・・・・
昨年に引き続き、今年も正月らしい気分を味わえた事で、
2008年、これから一年間また頑張れそうだと感じながら時が流れる。



もっとも私の場合、動物を見ているより、
様々に変わり行く空の景色を見ているほうが楽しく、
何処に行っても、空を見上げては雲の流れを追いかけては記憶とともにカメラを向ける・・・
夏の空が一番好きだが、
日が落ちていく、
なんとも寂しい空の表情も素晴らしい!



閉演がたしか4時30分だったと思うが、
徐々に人が帰り始め、
園内からひと気が少しずつ消えていき、
楽しい時間のすぎゆく寂しさを感じる場面・・・



最後に、水上木製ジェットコースターレジーナに乗ったのですが、
見た目以上の恐さに腰を抜かしてしまった・・・
レジーナの外観を見ると、
それほどたいしたことないな〜そんな印象だったので、
気楽に、高いところから写真でも取って帰るか!
そんな気分で乗ったが命取り、
乗る前には予想しないほどの恐怖感におったまげてしまい、
今まで感じた事のない恐怖を体験・・・・
これを人生に当てはめると、
どんなに簡単であると思えるものでも、気を抜いてはいけませんよ!
そんなとこかな!?
しかし恐かったレジーナ!
一緒に乗った相棒は、
ジェットコースターが大好きで、
何処に行っても欠かさないつわものだが、
流石にこれは凄かったと、目をパチパチしていた。
結局、余りの恐怖に、
写真一枚撮れずにスタート地点に戻ってしまったが、
無事に生還できた事に、ホット溜息・・・・
もう乗りたくない!
それでも行けば乗るんだろうな〜きっと・・・



東武動物公園のご案内

我が家の絵日記見聞録

割烹魚勇